病気から体を守ろう

悩み

痛風は、尿酸値の増加により、主に関節に激しい痛みを伴うものです。原因となるプリン体は、ビールにも含まれますが、それよりもプリン体を多く含む食材は多いので、気をつける必要があります。また、尿酸値を上げないためにも、排出することが大切なので、こまめに水分を補給するとも大切です。

医療機関

看護師

病院選びをする時には、質が高い病院選びが大事になってきます。そうする事によって、満足できる治療が受けられる可能性が高いです。また、今後の動向としては、口コミを見て情報を収集しやすくなりますので、私たちのプラスになってきます。

食生活の見直しを

体調を崩した時に受診する病院は口コミを参考にして選びましょう!親切な医療サービスを利用して健康になれます。

医者

痛風とは血液中の尿酸値が高い状態がしばらく続いた後、突如急に足の親指などの関節が腫れ激しい痛みが起きます。この痛みは10日ほどでおさまりますが尿酸値が高い状態のまま放置していると痛みを繰り返してしまい次第に足首や膝にまで痛みが現れ腎臓や尿路結石ができるなどの症状も現れるようになっていきます。痛風の原因とされる食物はレバーなどの内臓系の肉類、明太子やカニ、ウニ、エビ、カツオ、マグロ、牡蠣などで高価なものが多い事からこれらの高価な食材をたくさん取りすぎてしまう事によって尿酸値が上がる事から贅沢病とも言われています。しかし痛風によくないと言われる食材には身体によいとされる栄養素も含まれるのでまったく摂取しないのではなく食べ過ぎないように適度に食する事を心がけます。

痛風は20代以降の男性が発症しやすいとされており男性の病気という印象が強いですが女性でも痛風になる可能性があります。男性に比べリスクは低いものの現代における食の欧米化やストレス社会によって男性患者だけではなく女性の痛風患者も増えているのが実情です。突然の激しい痛みがおきるいわゆる発作が起きた事がある患者には尿酸降下薬が処方されます。発作が起きたことがない患者にも場合によって尿酸降下薬が処方される事があります。薬による治療と生活習慣の見直しで痛風の治療をしていきます。痛風は放置すると腎臓を含む内臓の合併症を引き起こしたり、動脈硬化性疾患の合併などの可能性もある為症状があるにも関わらず放置するのは危険です。尿酸値が高い事が一度でもあった場合は定期的に検査することをおすすめします。また医師と一緒にきちんと治療を進めていくことも大切です。

利用する方が増加

看護師

最近は、初めて行く病院を決める時に、口コミサイトを利用して情報を見る方が増えてきています。情報を見て、行くかどうか決める方もいます。しっかり情報を見極めて、自分に合った病院を見つけることができるので、オススメです。